石油給湯器は特定保守製品の対象製品です 

長期使用製品安全点検制度 

   平成21年4月1日より施工の制度です。製品が古くなると部品等が劣化(経年劣化)し、火災などを
   おこすおそれがあります。
   「長期使用製品安全点検制度」では、下記の対象製品(特定保守製品)9品目を設定しています。
   石油給湯器もその中に含まれ、使用期間の前後1年間の間にメーカーの法定点検(有償)を
   1度受けることが義務付けられています。
     ※使用開始から
9年〜10年が点検の目安になります。


特定保守製品 

   特定保守製品 




       
  @販売店や工務店、
   不動産業者などから
   説明をうけます。
  A製品に同梱された
   所有者票(ハガキ)を
   郵送し、所有者登録を
   します。 
  B点検時期になると
   通知が届きます。
  C点検をお申込み
   いただき、点検を
   実施します。
   点検は
有料です。
 
   所有者登録をしないと点検の通知が届かないだけでなく、知らずに使い続けることで事故を引き起こす
   恐れがあります。きちんと点検を受けるために、
必ず所有者登録をしましょう!

    ※詳細は経済産業省のホームページ「製品安全ガイド」をご覧ください。

       
 

  


   常に高温で使用される石油危機は、長期使用しているうちに劣化することがあります。
   熱や湿気などの影響や使用方法にもよりますが、放っておくと機器の寿命を縮めるだけでなく
   重大な事故につながる場合もあります。
   安全で快適に使用していただくためにも、定期的な点検・診断をおすすめします。

 



 
       
 ホースのひび割れ・周囲の油漏れ 煙がでる・臭いがする   振動・音が大きい  お湯の温度が安定しない