<在来工法浴室からシステムバス> 1坪から1坪へ

  システムバス自社一貫施工で30年以上。その中でこちらのお宅はビッグ3に入るほど難易度の高い
  リフォームでした。 詳しく施工事例を説明いたします




 ◆リフォーム前の浴室◆
  ・冬洗い場が滑りやすく寒い(大理石の洗い場のため)
  ・浴槽が埋め込み型で狭い(ホーロー浴槽1020×680)
  ・高窓のため窓は浴槽に乗って開閉している
  ・一度漏水して応急処置を施している
  ・外の石油給湯器は25年使用しており、湯の出湯量が少ない(減圧式給湯専用型)

 ◆システムバスへのご提案◆
  ・1坪サイズで浴槽と洗い場の向きを変更
  ・浴槽は足が伸ばせるFRP浴槽で1400×750
  ・浴槽と防水パンの二重構造で防水性も万全。また間の空気層に優れた保温性があり、
   浴槽のお湯が湯冷めしにくい
  ・シャワ暖プラスAgで浴室をすばやく25℃まで暖め、Ag(銀イオン)で浴室のヌメリの
   発生を抑え、お手入れを軽減。赤ちゃんにも安心です。
  ・ドアはお客様のご要望で片引戸となりました。
  ・窓は1200×800の引き違い窓を別に設置し、明るく開放的な浴室としました。
   窓開口に際し、外壁補修は念入りに最小限の範囲で行いました。
  ・石油給湯器はオートで追焚付のエコフィール(高効率石油給湯器)を提案しました。
   家族の人数が増えて、追焚付で経済的なエコフィールが喜ばれると思いました。
   もちろんエコフィールは8年延長保証に加入いたしました。

 ◆リフォーム後のお客様の感想◆
  毎日とても暖かいお風呂に入れてうれしい。シャワ暖はすぐに暖まるし、最後に
  入浴した人がAgを押しておくことにしているので、排水溝のヌメリも発生しない。
  窓を引き違いにしたことで、明るくて換気もしやすくなった。
  エコフィールにして追焚付になったことで体の芯から温まる。
  シャワーの勢いもあり快適です。片引き戸にしたことで出入りも楽になった。

 ◆製品情報◆
  ユメリア(二重パン構造) GBK-1616Cタイプ
  エコフィール(高効率石油給湯器) EHKF-4765DA

 Before   After 
 

 






 


     
↑シャワ暖ノズル ↑Ag(銀イオン)散水口  ↑エコフィール 

 【1日目】
  ●大理石の洗い場の撤去 ●新設引き違い窓(1200×800)窓開口 ●脱衣所間仕切壁撤去
 
 【2日目】既設給湯管電食のため漏水発覚
 【3日目】
  ●浴室 土間コンクリート打ち ●給水・給湯・排水配管新設
 
 【4〜5日目】
  ●窓枠木工補修 ●システムバスの二重パン設置
 
 【5〜6日目】
  ●システムバス組立 ●エコフィール接続