@火に注意 
       
 
 
Aゴム管の点検を忘れずに  
       
☆ゴム管からのガス漏れの点検は、石鹸水を塗り、泡が出るかでわかります。
      点検後は石鹸水をきれいにふき取って下さい。
 
 
 Bいつも青い炎で!
 
 LPガスをお使いの時は必ず「青い炎」でお使い下さい。
     赤っぽい炎は不完全燃焼をおこしている炎です。
     不完全燃焼をおこしていると有害なCO(一酸化炭素)を発生します。
     鍋の裏がすすで真っ黒になるのはこの状態です。
 

お願い

 
 ガスコンロのお手入れ、ネジなどを取り外す場合は
 必ずLPガス販売店にご連絡下さい
 
 C換気に注意!

LPガスが燃える為にはたくさんの空気を必要とします。
換気が十分に行われないと、室内に排気ガスが充満して不完全燃焼を起こし、一酸化炭素を
発生する為大変危険です!
 
 
室内でガス器具を使用するときは、換気扇をまわしたり、時々窓を開けて充分に換気をして下さい。
小型湯沸し器は長時間使用しないで下さい。
 
   
 D元栓・器具栓の開閉は確実に!
  おやすみ前や、お出かけになる時は、元栓・器具栓をもう一度確認して下さい。
使用していないガス栓には必ずゴムキャップを付けて下さい。
長時間ご不在になる時は、容器バルブをしめ、LPガス販売店にご連絡下さい
。  
 
 
   
   
 
   
   
   
   
   
   
   
   
 
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
     
 
LPガスの各設備は、法律により皆様が点検・維持管理を行う設備(消費設備)とLPガス販売店が
点検・維持管理を行う設備(供給設備)に分かれています。

 
 ☆安心・安全の為、供給設備の点検・調査を行っています

 お客様の安心・安全の為、保安機関としての認定を受けて液化石油ガス法に基づき、
次のような点検・調査をおこなっています。ご協力をお願いいたします。

 

  @ LPガス容器・圧力調整器・容器バルブ・ガス供給管などの外観点
     
  ・・・容器交換のつど
  A 配管からのガス漏れ調査等
    
   ・・・1年に1回以上(地下室等)
  B 圧力調整器の機能点検・配管のガス漏れ調査・ガス機器や吸排気の調査などLPガス
    全般についての点検・調査
     
  ・・・4年に1回以上

   
 
  ◆ガスのニオイに気が付いたら・・・警報器が鳴ったら・・・◆  
 ※LPガスそのものは無色無臭ですが、ガスが漏れた時に分かるように臭いをつけてあります 
     
   1.窓や扉を開けてください  2.元栓・器具栓を閉めてください   3.ガス漏れの状況を
  すぐ連絡してください
      
  ●お名前
  ●ご住所
  ●お電話番号
  ●その場の状況を
   お知らせください

  LPガス販売店に連絡し、
  点検を受けるまでは
  ガスを使わないで
  ください

 
  LPガスは空気の約1.5倍の重さがあり、漏れると低い所や物陰にたまる恐れがあります
     
  ◆お願い◆

 1. 室内の火は全部消し、マッチをすったり、タバコなどを 吸わないでください
 2. コンセントの差込スイッチに手を触れないでください
 3.換気扇は絶対に回さないでください。
   回っている換気扇はそのままで手を触れないでください。
    
※電気のスイッチは切るときにも火花が出ます。
 
 
   

 
 LPガス自体には毒性はありません。しかし、燃焼器を酸素が不足したままの状態で使用していると
 不完全燃焼を起こし、有害な一酸化炭素が発生します.
 
 空気中におけるCO2濃度 吸引時間と中毒症状 
 0.02 2〜3時間で前頭部に軽度の頭痛 
 0.04  1〜2時間で前頭痛・吐き気、2.5〜3.5時間で後頭痛      
 0.08  45分で頭痛・めまい・吐き気・けいれん、2時間で失神  
 0.16  20分で頭痛・めまい・吐き気、2時間で死亡
 0.32  5〜10分で頭痛・めまい、30分で死亡
 0.64  1〜2分間で頭痛・めまい、15〜30分で死亡
1.28  1〜3分間で死亡
 
◆CO中毒事故を防止するためには・・・◆ 
         
小型湯沸器から直接お風呂の給湯やシャワーとして使用
しないでください
ガス機器の使用中は必ず換気してください
(屋内煙突式風呂釜は除く
煙突のある風呂釜(CF式:自然排気式)をご利用の方は必ず排気筒や換気口・給気口を設置してください 排気筒の中に鳥が巣を作り排気を妨げる場合があります。その心配がある時はLPガス販売店に点検を依頼してください ◆CO中毒事故を防止するためには・・・◆排気筒の接続部や逆風止めが外れたままで使用しないでください
 
 安全の為に、古くなった燃焼器は交換を!
  不完全燃焼を起こすのは古くなった燃焼器をお使いの場合が多く、不完全燃焼防止装置が付いて
  いない 燃焼器では、不完全燃焼を起こしても燃え続けてしまいます。
  不完全燃焼防止装置が付いていない古くなった燃焼器をお使いの方には、燃焼器の交換を
 お願いいたします。
 
 
   


 
 
 マイコンメーターSはLPガスを安心してご利用していただくための保安機器です
 ガスの使用状態に異常がないかを監視しています。
 異常と判断した時は次の保安機能がはたらきます。

 
 ◆ガス遮断時の表示◆ 
 
●ガスの大量漏れなど通常より多くのガスが流れたとき
 ガス栓の誤解放・ゴム管のはずれ

 
●燃焼器具の消し忘れなど、通常より長い時間ガスが流れたとき

 コンロでのコトコト煮・・・
2時間30分以上・給湯器でのお湯の出しっぱなし・・・40分以上

 
●ガス使用中に大きな地震が発生したとき
 
震度5以上で作動
●ガス漏れ警報器などと連動し、異常が認められたとき 
  ●ガス使用中にガスの圧力が異常に低下したとき 
 
           
◆お願い◆ マイコンSメーターが遮断した場合、ガス漏れが考えられますので、十分に
                     自然換気されるまで電気器具のスイッチの入り切り(換気扇・扇風機など)や、
                     コンセントの抜き差しをしないでください。 

     
 ◆マイコンメーターSの復帰方法◆
  ガスメーターのセキュリティ表示を確認し、遮断の原因を確認した後で、遮断弁の操作をしてください。
  ガス漏れやガス臭い時は、復帰操作をせずLPガス販売店までご連絡ください。

 
 
        @ ガス器具栓・ガス栓を閉じる
        A メーターの左側の黒いボタンを押す
        B 1分間待つと液晶の文字とランプが消え、復帰完了します。